モバイルwifiのレンタルは一時利用やテストに使える

旅行や出張などの時に一時的に使える

旅行先や出張に行くとき、その道中でインターネットに接続したいことがあります。鉄道の中などは無線LAN等のサービスがある鉄道は少ないです。携帯電話の回線などを使うしか接続の方法がありませんでした。そこで利用を検討したいのがレンタルタイプのモバイルwifiです。通常は携帯電話と同様に契約をして使います。低額タイプを選択することが多く、携帯電話のパケットし放題に近いコストがかかることもあります。あまり使わない人がわざわざ契約すると、無駄なコストになってしまうこともあります。借りられるサービスであれば、利用したいときだけ低コストで利用することができます。1日単位の料金になっているので、それ以上のコストはかかりません。携帯電話などだとパケット量が増えてしまうこともありますが、その心配がありません。

自宅やよく使うところで使えるかのテスト

モバイルwifiは非常に便利です。無線でインターネットに接続できるので、外出先で使えるだけでなく自宅でも利用できます。かつては回線スピードが遅く動画などはあまり快適に楽しめませんでした。最近は高速タイプのものも出てきているので、それなりに動画も楽しめます。光回線を使わず、こちら一本でインターネットを賄おうとしている人もいるかもしれません。いざ契約をすると、大抵は一定期間解約ができず、解約手数料などがかかってしまいます。でも実際に使いたいところで満足に使えないこともあります。レンタルの使い方として、きちんと回線がつながるかのテスト用があります。自宅できちんとつながるか、会社であったり、よく利用する予定のカフェなどで接続できるかをテストし、問題なければ本契約に移れます。

フリーの無線LANよりも使い勝手が良い

海外に比べると、日本の無線LAN環境は決して良いとは言えません。駅や空港などでは使えるところはありますが、駅は大きな駅の一部のみです。それも制限がかけられています。カフェやコンビニの一部でも使えますが、あくまでも一部なので快適に使えるまでにはなっていません。外出先で利用するのであれば、レンタルタイプのモバイルwifiを使うと良いかもしれません。フリーの無線LANの問題点としては、セキュリティがあるでしょう。比較的容易に他人の回線にアクセスできるとされていて、個人情報に関わるアクセスなどをしているとそれを盗み見される可能性があります。借りたものだと、それ自体にセキュリティがかかっているので、容易にアクセスされることはありません。安心して外出先でもインターネットに接続できます。

ピックアップ記事一覧